忍者ブログ
デジモノ好きな大きいお友だち向けのひっそりブログです。リンク等はご遠慮いただければ幸いです。更新は少ないものの現在進行形ですが、放置し過ぎてブログの使い方を忘れてしまっていたりします^^; 突っ込みはHPリンクからお願いいたします
まきことしましま
11個目と12個目のフィギュアソフトが届いておりまして、
一通りいじってみました。ともかくまきこ旅行社がサイコーです^^

ここのところ仕事と読書で手一杯で更新が全くできませんが、
そのうちtama-goについては書きたいと思っています。
ここはほとんど誰も来ないので、ツイッターに入り浸りで、情報も
そちらにばかり書いています。
何やら、こちらのブログの方が独り言を書く文字数制限無しの
ツイッターのような感じです・・・・・^^;
PR
新婚さん 3
kesyou
アイテムの笑える度から言うと、多分化粧品屋さんが
一番ではないか? とわたしは思っています。

ひとつのアイテムのオチはそれぞれ3パターンほどあり、
成功例以外が笑えて好みなんですが^^;

写真は右上から時計回りに、

スパリゾートチケット
ヘアジェル
メイク道具2


で、新婚さんでも基本は1人で使いますけれども、メイクの
場合見守っている姿がなんとも・・・・・だったり、ヘアジェル
などは二人ボケてくれたりして、一体何パターンのアニメを
作っているのだろう?とワクワクします♪


新婚さん 2
fuku
洋服屋さんの服も、アニメーションが様々です。
新婚さんには何といってもウエディングドレス(左側)が
おススメですけれど、他の服も音楽が流れたり(パーカー、
右側)、意外なアクションがあったりして、

「このキャラクターに着せるとどうなるのだろう」

という、キャラクターの個性を重視したアイテムのあり方に
しばしば拍手を送りたくなります。
同じ服でも着る人の個性で様々に見えるのは現実では当たり前
であっても、この小さなゲームの中にも気遣いがあることに
ユーザーは感激するのです。

何を使ってもどのキャラクターでも全部同じアニメって・・・・^^;
・・・・・・・ため息。

新婚さん 1
食事
tama-goで個人的に一番好きなのは「家族生活」かな~と
今のところ思っています。
他のどのたまごでも、外食する時は大抵一人きりで出かける
のですけれど、tama-goだけは夫婦で、子どもができると
家族連れで、外食に行くアニメーション(左上)が実にカワイイ。

アイテムに食べ物があるときは、その内容によるのですけれど、
わたしが好きなおしゃれショップのヘルシーフード(残り全て)は、
一人で食べることになっています。
それはどうしてって、「おしゃれショップ」で売っている
「ヘルシーフード」だからですよ!
動画でお見せしたいところですが、あまりの内容に(3パターンほど
ありますが、そのうちのひとつです)思わず大笑いしたほど・・・^^;


これな~、みんなでわいわい遊べたらホントに楽しいのに・・・・・・

ゲームを省略
たまごで遊ぶ大きなお友達のほとんどは、多分たまご本体で
ゲームを楽しもうとは思っていないはずだとわたしは想像しています。
ゲームは専用のゲーム機で遊んだ方が(画面が大きいから)見やすいし、
(ボタンが大きいから)遊びやすいし、(容量が大きいから)おもしろい
わけですから・・・・^^;

そうすると困るのがごっちポイント稼ぎです。
特にたまごは通信しなくてもかなり楽しいように設計されているので、
ポイントのために通信する気にはあまりなりませんし。

そこで海の向こうの賢い仲間は素敵なことを思いつきました。
電卓を使って稼いじゃえばいいじゃないかと。
海の向こうの仲間が提案している遊び方を下記に翻訳しておきます。

数少ない日本のたまご仲間のお役に立ちますように。

 
中華レストラン
開店
まずは開店準備。

展開
その後の展開。
来客(左上)
注文(右上)
満足(左下)
支払い(右下)

と言う流れなわけですが、これはどうも
フレンドシップが高いほど来客数が多く、
満足度も高い様子です。
フレンドシップを満タンにしてから一度も
支払いを拒否する客が出ていないので。

細かいね、設定が。
仲良く遊ぶほどより益々楽しくなるような仕様って^^

| top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
プロフィール
HN:
デジコフ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
このブログはデジモノ玩具
マニアが管理人です。
アニメやグッズの知識ゼロ
ですのでご勘弁ください。
情報はHP(ツイッター)でも
現在進行中♪

2000年日付の記事は日記ではなく
情報・データメモです。

データは基本的に自分の確認内容で、
未確認のものは、必ずソース等を示
してます^^
疑問点や間違いはHPの方でよろしく
カウンター
記録
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny