忍者ブログ
おもちゃ系デジモノ好きのひっそりブログです。リンク等はご遠慮いただければ幸いです。更新はまれですが10年以上継続して現在進行形です
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伝言板(いつもトップに置いてあります)
いつものようにここを放置しつつ、継続して遊んでいます。
復刻版とかその他のVpetとかとか。
このブログの定期的な見直しの機会に少し整頓をしました。
定期掃除をしていますので、ここは10年以上続いてますが
ブログの内容は2割程度しか残っていません。


最近遊んでいてふと
「遊びについてお話できるといいのかな?」
と思いつきました。

わたしはともかくへたっぴプレイヤーなので
いつも遊びながらこれってどうなん?と行き詰っては
困って一人で右往左往を繰り返してます。
中々人に聞けません。
ネットは目立ってはいけない場所が多いしホントに怖いので
(2次ブーム時にトラウマ事件がありまして)、
長年ツイッターとここしか来てなかったりします。

この僻地ブログはめったに誰も来ないので
それなりの使いようがあるのかもしれないな、というわけで。


何かありましたら。

HNは学生Aとか通りがかりBとか捨てネームでどうぞ。
表示されるのに何ヶ月もかかる可能性がありますけれども^^;
(ここは週に1回も来ませんし、ツイッターも毎日見てませんので)
PR
たまごっちみーつ うちの場合
2代目のたまごっちが思春期のまま10日以上たったのを
見届けて以来、現在育成は止まったままになっています。


おかしな現象は成長しないことを確認する前からありました。

・画面のキャラクターの主線が時々緑色になる。
・動かしている途中にブラックアウトする

でも、気のせいかなあとあまり気に留めていませんでした。


2代目のキャラクターが思春期からフレンド期になって、
記念写真を撮る途中で突然ブラックアウト。その後
「でんちをこうかんしてね」画面が出てきましたので
電池を交換したところ、キャラクターが思春期に
戻っていました。

あ~あ、1日戻っちゃったんだな、と思って育てていたところ
1日半以上たってもキャラクターが成長せず、ようやく
わたしの気のせいではなくて、たまごっち自体がおかしいのでは
ないかと思い始めてカラーチェンジをする食べ物を与えてみたところ、
色変わりもしなくなっていました。
そこで再び別の食べ物でカラーチェンジにトライするもやはり
色変わりせず。

育たないし、カラーチェンジもしないことを確認してから
アドバイスを受けてリセットをかけ再び育成を継続させたところ
カラーチェンジはできるようになったもののやはり成長せず
思春期のまま。


メーカーに問い合わせ電話をかけたところ新品と交換するので
本体のデータは消えてしまうと言われ、地方限定データが
入っているため交換もできないまま思春期が10日以上になった、
というのが成り行きです。


 
復刻版の続きの続き
アジア版と比較したくて追加でUS版を購入しました。

左下のマーメイド柄P1です。

右下のアジア版グリッターレッドP1と同様ver1でした。
基盤も銅線が無くスプリングであるところもそうですし、
使用しているネジのタイプもそうですし、USとアジアの中身は
ほぼ同じような気がします。
ということは・・・SDCC版だけかなり異なる内容だということです。

個人的な好みを言えば、塗装など見かけのクオリティも中身も
ダントツでいいSDCC版をファンの方にはおすすめしたい
ということになります。
何よりも見かけだけの差ではないことが大きいです。


で、追加でUS版が欲しかった理由はもうひとつありまして、
裏側が見たかったんです。

本体は単なる乳白色のスケルトンではなく、ラメ入りというか、
グリッター加工でした。ギャラクシーと同じで前面だけに塗装がある
という構成になっていました。

細かいことを言えば、アジア版よりもUS版の方が塗装は綺麗です。
上記のギャラクシーとマーメイドを比較すると滑らかさの差で
光の反射具合が違うことがわかります。


そんな些細な比較ために?・・・それがマニアのおばかなところです。
復刻版の続き
復刻版のバージョン(ver)については少し前に書きました
(日本版と海外版青と赤、紫)。

ちょっと突っ込んだお話です。
アジア(香港)版のP1とP2.。

グリッターレッドは派手なだけでなく透明度も高いので
動かしているとキラキラしつつも透明感が綺麗な印象。

ギャラクシーは表の塗装の紫色にあわせるように、裏は
本体素材にラメが入った紫色。紫の色味が少し異なるのが
気になりますが、全体が塗装されているよりも剥げたり
傷んだりしにくいので、扱う上ではいいのかな?
という気がします。



当時ものにはないカラー2個を香港のおもちゃ屋さんから
購入したところ、1個が当時の倍くらいの価格になる計算
なので、まあこんなものなのかなあと言ったところです。

 
復刻版 テストモード
多くのVpetにあるように20周年ものにもありました。

BCボタンを押しながらリセットボタン、続けて順番に
A、B、C、Aで上記画面、次にAで通常画面に戻ります。

ACボタンにリセットではサウンドテスト。
17種類の音声はAあるいはCボタンで選択してBボタンで
実際の音が出て、リセットすると通常画面です。


ここで気になる他のverは?ですが、他には持って
いないので試せませんでした。
 
コロコロコミック
たまご発売当時の雑誌をアップしていらっしゃる
サイトがあることを最近発見しました。

ttp://www.zoidsland.com/

上記サイトさんのなかの「コロコロレビュー」で
97年4月から99年1月くらいまでほぼ毎号新商品として
カラーで紹介されていて、2000年くらいからスタートした
中途半端なファンの自分にはとても興味深かったです。

発売と同時進行でファンをしていた方々にとっては
懐かしいものかもしれないです。
デジモンそっくりさん
イタリアで販売されたらしいデジモンのような
対戦型の育成ペット。

イタリア語でしか表記がないのでちんぷんかんぷん。

ゆるゆる真面目にお世話したところ、3段階に育ちました。

(約1時間後)

(約1日後)

(約10日後)


トイレは頻繫に呼び出しをかけてくるものの、数時間放置しても
だめだったときと全く問題なかったときがあるので、
そんなに難しい部類ではないと思います。
ダイノくんよりも楽なのではないかと。

2つ同時育成して同じキャラになっていまして、
育てわけに関してはまだまだ未知の世界です。
ちなみに、時計画面で育成ストップをかけられるので便利です。

2個で通信対戦をして負けるといきなり死んでしまうことが
ありますが、お墓が立っているのに治療して生き返るという
ドラクエの棺おけ状態なことが起きたりします。
蘇生に失敗すると有無を言わせずロストする衝撃・・・。


繰り返し遊べるかと問われると。
びみょーでしょうか。
| top | next |
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |
プロフィール
HN:
デジコフ
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
このブログはチープで手軽に入手
できるデジモノ玩具やゲームで
気楽・気長に遊ぶのが好きなゆるゆる
プレイヤーが運営しています。

コレクターではありませんので
売買は一切していません。
アニメも全く視聴しません。
上記関連のお問い合わせは
ご勘弁ください。

プレイ情報はHP(ツイッター)で
現在進行中です。

2000年日付の記事は日記ではなく
攻略などの情報・データメモです。
自分で遊んで確認した内容なので
間違いや勘違いもあると思います。
自身で未確認のものには必ず
ソース等を示してます。
カウンター
記録
忍者ブログ  [PR]
  /  Design by Lenny